ホーム > 製作の流れ

FLOW株式会社 赤川器物製作所

製作の流れ

プレス加工の中で最も難しいとされている「絞り加工」。
この技術を使った赤川器物製作所の製作の流れをご紹介いたします。

絞り加工とは

絞り加工は1枚の薄いステンレス板をプレス機を使って変形し、製品を作る技術です。
様々な人・技術・金型・機械によって1枚のステンレス板を成形していきます。

職人の経験と細かな気配りが必要な難しい加工法ですが、次のようなメリットがあります。

最初の機械が1枚のステンレス板を絞り加工し、変形されたステンレス板を次の機械がまた加工する。
製品によっては次の機械、そのまた次の機械と、何度もプレスを繰り返し作り上げるものもあります。

製作の流れ

工程.1①絞り

1枚のステンレス板をプレス機にセットして最初の絞りを行ないます。①絞りの仕上がりは今後の工程において大きな影響を与えます。この工程は職人が特に気を使う仕事の一つです。

工程.1 ①絞り

工程.2②絞り

①絞りを終えたステンレス板を受け取り②絞りを行ないます。
1回の加工で成形できる絞り深さには限界があるので、③絞り、④絞りと何度かの絞りを施す製品もあります。逆に①絞りで終わる製品もあります。

工程.1 ②絞り

工程.3側抜き

絞り加工によって、外周に製品にならない部分が残ります。
この不要な部分を除去する工程を側抜きといいます。

工程.3 側抜き

工程.4カール

渕の部分を丸めます。この工程は渕の強化だけでなく、手などが触れた時の安全対策や使い心地の良い手触りを目的にしています。

工程.4 カール

工程.5仕上げの加工
処理

研磨(磨き)や取手の溶接等の仕上げの加工は製品の種類や
仕様によって異なります。加工が全て完了したものは洗浄し、検品・包装され出荷となります。

工程.5 仕上げの加工・処理

「機械を使って絞り加工する。」一言で言ってしまうとシンプルな印象を持ってしまいがちですが、
求める形と機械の相性、絞る力の調節、そこで使う金型、使用する油、そしてその日の温度等 ……。
これら様々な要因が複雑に重なり合うため、毎回同じように作業することができません。
その都度最適な調整を行なう必要があり、緻密で繊細な仕事はまさに職人の技と言えます。

弊社は日本有数の金物産地、新潟県燕市にあります。卓越した職人たちがひしめく金物の町です。
ステンレス製の業務用厨房用品をご希望のお客様は、是非お気軽にお問い合わせください。
大ロットのご注文もお待ちしております。

お問い合わせはコチラ